ページトップへ
住まいの情報 知りたかった家づくりQ&A

Q5.家づくりの工法・構造の特徴は?

家づくりの工法・構造の特徴は?

 

A

木造軸組工法(在来工法)は、柱と梁を組んで建てる日本古来の木造住宅工法。木の心地よい感触と日本の風土・気候・伝統の文化にあった家として人気が高く、環境負荷の面からもっとも地球にやさしい家と評価が高まっています。

木造枠組工法(2×4工法)は、北米から輸入された工法。2インチ×4や2インチ×6の平角材で枠組みを造り、両面に面材を張った壁パネルを組み合わせて 建てます。強度は安心でも、日本の湿気に対して耐久性が万全かどうか不安が指摘されています。

鉄骨造には、分厚い重量鉄骨の柱と梁をボルトで固定・剛接合して大きな空間をつくる鉄骨ラーメン構造と、工法的には木造軸組と同様で、木の代わりに軽量鉄 骨の柱と梁を使う鉄骨ブレース造とがあります。なお鉄骨系は錆びに弱いので、海に近い場所には向いていません。

知りたかった家づくりQ&A