ページトップへ
ここがメリット!自然エネルギー活用住宅
自然エネルギー
活用住宅とは
ここがメリット!自然エネルギー活用住宅

住まい手様証言する3つの大きなメリット

できるだけ機械に頼らず、建築技術によって電気や石油の消費を抑えた家づくりをめざすのが「自然エネルギー活用住宅」。実際にこの住宅に住むことによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。多くの住まい手様の声を聞いてみると、3つの点について大きなメリットがあることがわかりました。それは『光熱費』『健康』『住宅の耐久性』。その中身をテーマごとに見ていくことにしましょう。


光熱費

光熱費に関して寄せられている感想を集約すると、次のような点に対して皆さんの満足度が高いことがわかりました。

  • 家の中に温度差がない。
  • 冬は一度暖めておくと暖房を消した後もしばらく暖かく、暖房費が節約できる。
  • 冬は暖房費が少なく、夏はエアコンなしでも過ごせるくらい快適。
  • 光熱費が減った。経済的。
  • 人にも、環境にも、お財布にも優しいエコハウス。
 

光熱費

光熱費が減って経済的な上、人にも環境にもやさしいことが高く評価されていることがわかります。

なぜ冷暖房をあまり使わずに済むのか、そのわけをお話ししますと・・・。

 

冷暖房費る理由

1.家そのものが、冬に冷えすぎず、夏に熱くなりすぎない

家を断熱材で基礎まですっぽり覆っている自然エネルギー活用住宅。冬は床下のコンクリートに蓄えられた地熱も加わり、床や壁天井などが冷やされるのを防いでいます。外が寒くても、暖房を切った後でも室温は15℃前後をキープしやすくなります。そのため、自然エネルギー活用住宅で暖房をする場合には、例えば15℃を20℃まで上げるだけで済みます。

室温がさらに低い状態から暖房がスタートする住宅に比べ、エネルギーの消費量が少ないのは一目瞭然ですね。また、一度暖まった壁などの熱を断熱材や床下のコンクリートが逃がさないため、暖房を消しても暖かさが長く続きます。

冷房の場合も同様です。一般的な住宅では、夏場の天井裏は50~60℃くらいになり、一度熱せられた天井や壁の温度は冷めにくく、いくら冷房をしてもなかなか効いてくれません。

しかし「自然エネルギー活用住宅」では、通気層の空気の流れによって、壁や天井が、昼間には温度上昇しにくい状態をつくり、夜間には温度が低下しやすい状態となるので、床、壁、天井の温度が高くなりすぎるのを防いでいます。暖かい空気がたまりやすい天井付近でも、その温度はたとえば約30℃です。そのため冷房する場合でも、2~3℃ほど下げるだけで適温になります。実際には湿気が少ないため、冷房なしでも過ごせるという方がかなりいらっしゃいます。

 

冬モード

暖房を消しても暖かさが長く続きます

夏モード

空気の流れによって、床、壁、天井の温度が上昇しすぎません


2.光熱費削減の秘策、“衣替えする家®

一般家庭の年間の光熱費を多いものから並べてみると、暖房・給湯・照明となります。そこで各住宅メーカーは、一番高い暖房費を抑えるために、断熱性能を上げることに力を注いでいるわけです。ところが断熱性能だけを上げると、冬場は良いのですが、夏には窓や壁から熱が一度入ると逃げにくくなり、蒸し風呂のような家ができ上がってしまいます。それを解消するためにはエアコンを使わざるを得ないというのが従来の住宅建築のあり方でした。

これに対して、「窓を開けて通風をしてください」、「暖房費よりも冷房費は少ないからエアコンつけてください」というアドバイスも聞かれます。もちろん通風もエアコンも、厳しさが増す気象条件の中では必要な措置です。しかし、窓をあけて通風するといっても、風が吹いていないとき、昼間の暑い時には意味がありません。また防犯や、留守中の雨の心配などもあるので、なおさらです。また夏の時期の冷房費は、光熱費全体の50%以上を占めるという調査結果が出ています。節電が叫ばれている昨今、電力供給がピークを迎える季節に3、4か月のこととは言え、これを放置しておいて良いものでしょうか。

そこで自然エネルギー活用住宅が考えたのが、“冬モードと夏モードに切り替えることのできる家”でした。ひと口で言うと「冬は閉じることによって寒さから建物を守り、夏は開くことによって暑さや湿気から建物を守る」ということになります。しかも室内に風を直接取り入れる窓の通風ではなく、暑い昼間でも、防犯が心配な夜間でも、家の中の暑さを外にだすことができる通気層を備えた建築構造です。設備によって季節に順応するのではなく、建物自体を冬にも夏にも対応できる建築にすることによって光熱費を減らす、それを可能にしたのが自然エネルギー活用住宅なのです。家の造り方で、節電対策として、できることがあるのです。

 

“衣替えする家”

“衣替えする家”


自然エネルギー活用住宅の仕組みはこちら


健康

健康というテーマに関しても、非常に満足という評価をいただいています。

  • 真冬でも素足で歩ける。
  • 暖かいせいで血行が良くなったのか、腰痛が軽くなった。
  • アレルギー症状が改善された。
  • シモヤケがまったくできなくなった。
  • 夜、トイレに行っても暖かい。
  • 喘息気味だった子供が丈夫になった。
  • 梅雨もあまり湿気を感じないし、空気がきれい。
 

健康

みなさんが気持ちよく過ごしておられる要因として、「温熱環境」と「空気環境」の良さが挙げられると思います。

健康過ごせる理由

1.ヒートショックや熱中症から人を守る家

暖かい部屋から寒い廊下などに出た時に、血圧が急激に上昇し、体に変調をきたすヒートショック。高温多湿が原因で脱水症状などを起こし、近年では室内での発症が問題になっている熱中症。これらの症状は特にお年寄りや幼児に起こりやすいため、注意が必要です。

対策として、冬は廊下や脱衣場などを暖めておく、夏はエアコンや扇風機を利用するなどが言われていますが、判断能力のない幼児や、「もったいないから」と我慢してしまうお年寄りにとっては、あまり有効とは思えません。

そこで「自然エネルギー活用住宅」が考えたのが、“家そのものにヒートショックや熱中症の原因となる過度な寒い温度差や、暑さが生じにくい機能を持たせればどうだろう”ということでした。

夏は暑すぎず、冬は寒すぎない家。エアコンやヒーターをまめにつけたり消したりしなくてもいい家。温度差があれば壁の中の空気が動いて、ほぼ均一にしてくれる家。

それがどのような結果を生んでいるかは、住まい手様の声を読んでいただいた通りです。小さなお子様やお年寄りには最適の家だと、私たちは自負しています。

 

人を守る家


2.ジメジメ、カビ、ダニを抑えます

湿気が家の大敵、ということはみなさんもよくご存知だと思います。テレビや週刊誌などで、壁に入れた断熱材が湿気を吸って水浸しになり、柱を腐らせていく場面をご覧になった方もおられるのではないでしょうか。極端な場合には、そのように“家が腐る”といった事態さえ引き起こしてしまう湿気ですが、当然健康にも大きな影響を与えます。その筆頭がカビやダニによるアレルギー性疾患です。

カビやダニは湿度が高く、空気が淀んでいるところで繁殖しやすくなります。そこで重要になってくるのが、躯体内の通気性です。床下や壁の中、小屋裏を常に空気が動いている自然エネルギー活用住宅では、湿気を寄せ付けず、常に乾燥状態が保たれています。カビやダニが発生しにくい構造を、家自体が持っているのです。

 

施工例

【施工例】

床下の風通しを確保し、カビやダニの発生を抑える


住宅の耐久性

耐久性に関しては、次のような点で高い評価を得ています。

  • 築年数が増えても古びた感じがしない。
  • 機械を使わないので、故障の心配がなくて安心。
  • 結露が全くない。
  • 建築費は多少高くなったが、メンテナンスに費用がかからないので結果的に得。
  • 耐震性の面でもメリットがあると知って安心している。
 

住宅の耐久性

 

住まい手様が声を揃えておっしゃるように、10年20年経っても、「自然エネルギー活用住宅」の床下や柱、梁といった構造体は、ほとんど劣化していません。これは家全体が外張り断熱によって保護されていること、そして通気層によって床下や壁の中を空気が動き、壁の中に結露が起こらない状態に保っているからです。

いつだったか、ずっと木の家を建ててきた大工さんが言ったことがあります。

「この家は木にやさしい家だね」

まさにその通り、家を支えてくれる木の健康を何よりも大切にすることで、いつまでも丈夫で長持ちする家を実現できるのも、「自然エネルギー活用住宅」のメリットなのです。

 

壁の中の空気の動き

壁の中の空気の動き


まだまだたくさん、自然エネルギー活用住宅のメリット

太陽光発電、エコキュート等とも相性抜群!

省エネを一歩進めた『創エネ』。そのひとつである太陽光発電と組み合わせた住宅も、数多く建っています。自然エネルギー活用住宅なら、冷暖房費を抑えられるので、発電した電気もより有効に使えます。またエコキュート、エコジョーズなどの省エネ給湯の機器ともあわせると、快適に省エネ生活を実践することができると評判です。

木の良さを活かした家づくりができます

家自体を断熱材で包み込む工法で、木をあらわしにするなどデザインが自由に楽しめます。木のやさしさに包まれて暮らしたいという方にぴったりの工法です。

設備に高い費用をかけなくて済みます

部屋ごとにエアコンをつけないで暮らしている方もいて、電気代だけでなく設備費そのものを安く抑えることも可能です。

リサイクルできる素材です

家づくりに使われている木がリサイクル可能な資源であることはもちろん、断熱材もリサイクル可能な素材で出来ています。また、万一の火災の際にも有毒ガスを発生しません。

ペットにやさしい

お出かけ時に家の中に残してきたペットが、暑さで弱っていないか心配だという声を良く聞きます。人にやさしい住み心地はペットも同じ。自然エネルギー活用住宅なら冷房費を抑えて、ペットにもやさしい家となります。

地球にやさしい住宅です

建物の性能を高めることで自然エネルギーを上手に活用し、住み心地の良さを確保するのが自然エネルギー活用住宅のコンセプト。暖冷房のエネルギーをできるだけ使わない家づくりをめざしています。現状に満足せず、さらに良いものをめざして研究を続けています。

 

自然エネルギー活用住宅のメリット

自然エネルギー活用住宅のメリット

お住まいの方々の声をもっと見る

自然エネルギー活用住宅を建てる全国の工務店はこちら

正会員「エアサイクルの家」

正会員「ソーラーサーキットの家」

次は「自然エネルギー活用住宅の仕組み」について