ページトップへ
安心して長く暮らせる家
住み心地 安心して長く暮らせる家

自然エネルギー活用住宅に住み始めたのは2010年 岩手県 盛岡市  W様

 

メンテナンスに時間とお金をかけたくない

なるべくメンテナンスのいらない家にしたい、というのが家を建てるときの1番の希望でした。というのも、家を建てて間もなく足場を組んで工事をしている家を近所で見かけたり、5年以内に修理が必要になったと知人から聞いたりすることが度々ありまして。せっかく建てるのにまたすぐにお金や手がかかるのは困る、長持ちする家にしたい、という気持ちが強くありました。

そんなときに「自然の力を使って、家中に空気を流す」というシンプルな仕組みの家があると知り、興味をもって調べてみたんです。それで、これはすごいぞ、と。何より1番気にしていたメンテナンスの面で、モーターを使わないというのはとても安心でした。

  メンテナンスに時間とお金をかけたくない

 

 

大工さんからのお墨付き

近くで飲食店を経営しているのですが、建築中は店に寝泊まりしていたこともあって、現場にはよく足を運びました。大工さんがきれいに断熱材をはってくれていてね。「これは冷たい風も暑い空気もよく遮断するよ。普通の断熱材とは全然違う、いいものだよ。自然エネルギーを活用したこの家なら、冬は相当あったかいはずだよ。」って。職人さんの言葉だから説得力があるじゃないですか、嬉しかったですね。建ててる間に季節が冬へと移っていったのですが、まだ完成前の家なのに、建物の中に入るとほわっと暖かかったのが印象的でした。

  大工さんからのお墨付き

 

 

健康に暮らせてお財布にもやさしい

前の家は本当に寒くて寒くて。朝起きるとすぐにストーブを点けないといられなかったのですが、この家は朝起きたときに「あったかい」と感じることができます。それもストーブとは違う、ほんわかした優しい暖かさなんですよ。必須だった加湿器もいらなくなったし、のども渇きません。そういえば、風邪をひきにくくなった気がしますね。

妻は、キッチンで料理をしながらテレビを見られるようになったと、大変喜んでいます。以前は仕切りの多い家で、各部屋を閉め切らないと寒くてとても過ごせませんでしたから。今はリビングと隣接している和室の引き戸も常に開けっ放し。広々とした空間でも寒さを気にすることなく快適に過ごせています。この暖かさには、正月に帰って来た子供や孫たちもずいぶん驚いていました。

夏も気持ちいいですよ。外から帰って来て家に入ったときのヒンヤリとした何とも言えない心地よさ。エアコンは取り付けなかったのですが、真夏の一番暑いときでも扇風機だけで十分で、光熱費も以前と比べて半分以下になっています。家の中で一番落ち着くのはやっぱりリビング。妻がリクエストした掘り炬燵で、ゆっくりとお茶を飲む時間が何よりも幸せなひと時です。

健康に暮らせてお財布にもやさしい