ページトップへ
自然エネ活用
Design
DesignBook(デザインブック)編

デザイン編

TEST

Design・Bookとは
住宅の姿は、各地の気候風土に適し、長きに亘り住み続けることのできる住宅、「環境共生型の地域住宅」です。このような住宅の基本形は、今に始まったことではなく、私たちの先輩方が、先人の知恵を生かして、夏と冬で衣替えする家づくりのお手本を示してくれていました。Design・Bookは、このお手本を五つの設計手法のデザインとしてまとめた資料です。

 

■敷地の自然エネルギー活用の可能性
設計する対象敷地において太陽光・太陽エネルギー・自然風等の自然のポテンシャルをどの程度活用できるかが大きなポイントになります。そのためには、当該敷地の気候条件・周囲の建物の立地条件等敷地周辺の調査が重要になります。

 

■風を採り込む⇒通風計画

  室内を通り抜ける風は、冷却感、爽快感を与える重要な要素です。通風は変化する自然の風が対象であり、変動する風に対応して通風が確保できるよう窓や建物の計画が重要です。また、通風のコントロールがし易い窓の配置や種類も必要になってきます。

■夏の日差しをさえぎる⇒日射遮蔽計画

  夏に室内で快適に過ごすには、太陽の強い日差しをさえぎることが重要な要素です。特に、西日は太陽高度が低く室内の奥まで入ってきて室内を高温状態にします。日射遮蔽は、通風計画と合わせてエアコンに頼らない住宅には欠かせない性能で、自然エネルギー活用の重大要素と言えます。

■冬の日射を採り込む⇒日射熱取得計画

  冬の間、暖かい快適な室内を演出するには、建物の断熱性能を高め熱損失を抑えることが暖房エネルギー削減のための基本ですが、開口部等を通しての太陽の日差しを採り込むことも重要な要素で暖房負荷を削減することができます。太陽のやわらかい日差しを受ける、ソーラーハウスです。

■太陽の光を採り込む⇒昼光計画

  太陽の光を取り入れることは、昼間の明るさを室内に採り入れることで照明器具に頼らず、エネルギー消費を削減する重要な要素です。建築的な工夫により、北側の室内にも昼間の明るさを採り込むことが可能になりなります。

 

詳しい資料はこちらをクリックしダウンロードください