ページトップへ

新着情報

  • 家のエンジンとは 12月5日

    車は製造メーカーでの安全とECO合戦が激しい。エコカーに関しては各社が技術を競って高性能エンジンを開発している。エアコンやライトの性能が良いからエコカーとはならない。一方住宅では設備性能が良いからエコハウスと称する会社もある。車と同じようにエンジンが良くてこそエコハウスだろうに。家にとってのエンジンとはなにか?やはり基本性能の『断熱』と『気密』だろう。この両輪の性能が良くて良いエンジンとなる。昨今『断熱』性能は漸く義務化に向け重視されるようになったが、『気密』性能を良くするには手間が掛かるため、相変わらず重視されない。暖まった空気が抜け放題の家は、ガソリンを垂れ流して走る車と同じだ。永く住む家だからこそ良いエンジンを搭載してもらいたい。Y.T 『良いエンジン』の住みごこちの声はこちら

  • 日本の季節に夏と冬があり、住宅 (断熱工法)だって、衣替えがしたい! 11月4日

    【最近の季節のはなし】
    日本の気候には、春夏秋冬がある。ただ最近の夏は酷暑という表現が適切な程、暑い夏である。気温が35度C~38度Cの報道が連日平然と報道される様になってしまった。本来夏が暑くなるだけなら未だしも冬が酷寒の状況も起こり得る様で、当然冬の衣服は分厚いオ-バ-コ-トを着ていないと、寒さに耐えられない。住宅は、多少の違いはあっても、断熱材と言う分厚いオ-バ-コ-トを着ている事の基本は、変わらない。今年は11月に、54年ぶりで、関東地方に雪が降った。冬は冬で、酷寒の様相が、温暖化によるものかも知れない。これから迎える季節の、冬に対応するには、 ★ 夏型 ⇒ 冬型 へと切替 (衣替え) する様な家が良いと思う。自然エネ活用住宅の仕組み(夏モ-ドと冬モ-ドで衣替えをする家)を参照して欲しい。
    【衣替えのはなし】
    冬には冬で、暖かな家 !夏には夏で、爽やかな家 !住宅だって、衣替えが出来る方が良いと思う。ついでに、壁体内間を空気が動く仕組みは、構造の根幹である木材の耐久性を維持していく上で、重要であり、自然エネ活用住宅の仕組みが正に、そのものである。 H.S

  • 耐震性能が弱くなっていく家 10月6日

    熊本の震災を機に再び耐震性能を重視した家づくりに関心が高まっている。耐震性能が高い家を建てることは勿論大事だが、その耐震性能が持続されなければ意味がない。残念ながら耐震性能が弱くなっていく家があるのも事実である。それは壁体内結露の対策をしない家だ。壁の中で結露すると腐朽菌が発生する。この腐朽菌は木材成分を分解してしまい土台や柱を腐らせてしまう。恐ろしいのは基礎と土台を連結するアンカーボルトも有機酸で溶かしてしまうのである。また、シロアリも誘引してしまう。断熱欠損や壁内への防湿対策を考えた家づくりが、家族の命と健康を守る家づくりの始まりである。Y.T

  • コラム「地震に強い家、それは木材の乾燥にあり」9月5日

    耐震住宅とは?地震に強い、壊れない家と言うことになる。日本は地震国で地震に強い家づくりの方法を国の基準にて決められている。地震に強い家づくりの方法は、壁に斜めの材(筋違)や合板を張り、床をひずみに強い堅い床にし、柱や梁を金物にて緊結して耐震住宅とする。しかし、いくら地震に強い仕組みにしても、木材そのもの強さが維持できなければ何にもならない。家は新築した時から経年劣化がはじまる、木材をこの劣化から守ってこそ、はじめて、耐震性能が発揮できるのである。残念ながら、今の法的基準には、その劣化から木材を守る基準が不足しているように思う。
    人は健康でいることで色々な活動ができ楽しい生活を過ごせるが、病気になるとそれもかなわない。そこで大切なのが未病の状態を自身が把握し体のケアをすることで健康を維持すること。家においても、木材を経年の劣化から守り健康状態を維持してこそ耐震性能が発揮できる。木材の健康をどう維持させるか―? それは― 木材を結露や雨漏りで濡らさない、そして乾燥を維持することにある。 T.O

  • コラム 「色々な省エネ住宅」8月4日

    最近の住宅会社はどこも省エネを謳うようになってきた。それはいいことなのだが、表現が色々だ。ZEH、ゼロエネルギー住宅・ゼロエミッション住宅、スマートハウス。省エネは国の課題であるが、ここで縦割り社会の弊害がでる。国交省、経産省、環境省とそれぞれの都合での方針が出てくる。「省く」省エネありきで、「少ない少エネ」と住み心地は置き去りである。いっそう厚生省と財務省が「ゼロ医療費住宅」を打ち出してほしいものだ。よっぽど国民のためであり、問題の社会保障費の削減になると思うがどうだろうか。Y.T

  • 平成27年度定時社員総会開催

    2016年5月13日に平成27年度定時社員総会開催を開催しました。

  • 自然エネ活用Designページ追加

    ホームページに「自然エネ活用Design」ページを追加しました。
    ぜひご覧ください。

  • 平成26年度定時社員総会開催

    2015年5月15日に平成26年度定時社員総会開催を開催しました。

  • 報告会開催

    2014年12月4日に報告会を開催しました。

  • 第六回委員会開催

    2014年12月4日に第六回委員会を開催しました。

  • 自活協が一般社団法人になりました。

    任意団体でありました自活協が6月16日に「一般社団法人 自然エネ活用住宅普及協会」となりました

  • 平成26年度総会開催

    2014年6月6日に平成26年度総会を開催しました。

  • 第五回委員会開催

    2014年3月26日に第五回委員会を開催しました。

  • 初年度報告会開催

    2013年6月4日に初年度報告会を開催しました。

  • 平成25年度総会開催

    2013年4月22日に平成25年度総会を開催しました。

  • 第四回委員会開催

    2013年3月11日に第四回委員会を開催しました。

  • 第三回委員会開催

    2012年10月29日に第三回委員会を開催しました。

  • 第二回委員会開催

    2012年7月12日に第二回委員会を開催しました。

  • 第一回委員会開催(発会式 同日開催)

    2012年5月7日に第一回委員会を開催しました。(発会式 同日開催)

  • 発会式開催

    2012年5月7日に自然エネルギー活用住宅普及促進協議会の発会式を開催しました。

  • 自然エネルギー活用住宅普及促進協議会 設立

    2012年4月2日に自然エネルギー活用住宅普及促進協議会を設立しました。

住宅業界の最新情報