ページトップへ
住まいの情報 失敗から学ぶ7つの知恵

上手な収納の知恵

Point.1 上手な収納の知恵

トホホ…こんな失敗しちゃいました!

和寝室の押し入れ、奥行きが足らずに、布団がしまえない。 畳の上に積み上げた布団が邪魔で。納戸や収納をたくさん造ったら「えーと、ストーブはどこにしまったっけ。 どこに何をしまったか、わからなくなってしまった。作りつけの収納棚。各段の高さがたりなくて、収まりきらないものが。

寝かせてしまうと、下になったものが出しにくくて。二階に大きな納戸を造ったけど、階段が狭くて、 大きなものや重たいものがしまえず、玄関に置きっぱなしに。キッチンの食品庫。奥行きが深すぎて、奥のものがとりにくいったら…。

イメージ
収納だけあって「しまった!」の声がいっぱい聞かれるのが「収納」。ものがあふれる現代、収納が必要なのはわかっていますから、用意はします。でも、いまいちアバウトなんですね。

ガッテン!失敗から学びました。

事前に入れるもののサイズを測っておこう。

収納は、ただ多ければいいというわけではありません。通販で買ったトレーニングマシーンやスキー板など、持ちものには、いろいろなサイズのものがあるはず。収納したいもののサイズをきちんと測っておきましょう。

 

使う場所の近くに収納を

タオルは洗面まわりの収納に、ビデオテープはAVコーナーの収納に、というように「使う場所に、そこで使うものを納める」ことが原則。たとえば、脱 衣所に下着やバスタオルなどがおける収納があると便利です。料理の本などは、キッチンに置いておけば、料理の途中で、書斎の本棚までとりにいく、なんて無 駄な労力をかけずにすみます。

 

置く位置は、とりだす頻度にあわせて

ティッシュペーパー、乾電池、電球、衣料品、冷暖房器具やシーズンスポーツ道具など、ものによって出し入れの頻度が違います。よく使う物はとりだしやすい手前に。滅多に使わない物は奥に。

 

機能的な造りにしておこう

収納内部の造りも重要です。幅や奥行きはもちろん、移動棚やハンガーパイプなどの高さ、数、引出しの有無などが、使い勝手を左右します。

 

食品庫は奥行きの浅いものを

奥行きがありすぎる食品庫は、奥のものがとりにくいので、食品庫は奥行きの浅いものが使いやすいといえます。

 

扉の開閉方式も忘れずにチェック

両開きの収納庫を開くと、後ろの壁と扉に挟まれる形になって、大変。開いたときのスペースを想定しよう。場所によっては、引き戸や折り戸がいいかもしれません。

 

外にも収納庫があると便利。

家の中に持ち込みたくないもの、庭仕事の道具、重量のあるものなどは庭置きの収納庫あると便利。ユニット物置のほかにもデザインのいいものがあります。

 

ウォークインクローゼット

脱いだものをとりあえずおいておくために、あると便利。部屋が散らからない。掃除機や普段着など、よく使うもので、出しっぱなしにしたくない物を置いておくスペースがあるといいですよ。

 

収納スペースの目安は?

必要な収納スペースは、床面積全体に対して10~15%ぐらいといわれています。ブランド品やドレスを山のようにもっている人は、もう少し多めに割りふるといいでしょう。