ページトップへ
住まいの情報 失敗から学ぶ7つの知恵

失敗から学ぶ間取りづくりの知恵

Point.7 失敗から学ぶ間取りづくりの知恵

 

くつろげる家は、間取りが考え抜かれている

家が、安心してくつろげる場所であり、くつろげる部屋があれば、みんなそこにやってきます。だから家族団らんのリビングやダイニングは、暖かな南側 に配置するのが原則。そして家族といえども、プライバシーを侵害されるのは心外だから、個室は、独立して邪魔されない奥にもってくる。

間取りの「間」には「茶の間」の間、つまり「部屋」という意味と、もう1つは「間合い」の間、つまり「距離」のことをさします。家族間の距離、部屋と部屋の距離を適切にとらないと、家族が衝突したり、ストレスの多い住みにくい家になったりします。

 

間取り図をつくる意義は、思いを正しく伝えるため

みなさんが間取り図をつくる目的は、第一に、あなたがどんな家を建てたいのか、どんな暮らしをしたいのか、その暮らしを実現するためにはどんな家をつくったらいいのかを、家族みんなで語り合ったり、イメージしたり、考えることなんです。

できあがった間取り図の上で、その家の暮らしをシミュレーションして確認した上で、その思いを設計の専門家に伝えましょう。それが、みなさんのつくる間取り図の役割なんです。

 

間取り図をつくろう

1. まず敷地に面する道路の位置と方位から、玄関の位置を仮決めしましょう。

2. 隣地との関係を考慮し、もっとも大切にしたい部屋を配置します。

3. 玄関とメインスペースを核として、居間、台所、食堂、水廻り、寝室、子供室、客間を配置していきます。

4. 各空間は、四角ではなく、円で描きます。まず面積は気にせず自由に書きましょう。

5. おおまかにゾーニングして動線を考えて配置するとよいでしょう。

  • ゲストのゾーン
    門・玄関・ホール・応接間・
    前庭・テラス
  • 家族のゾーン
    リビング、ダイニング、テラス、
    デッキ
  • 家事のゾーン
    キッチン、洗濯場、物干し、
    家事室
  • プライバシーのゾーン
    個室、バスルーム、トイレ、
    着替え、寝室


床面積(畳数)を決め、方位でだいたいの各部屋の位置を定める。

おおざっぱに丸で囲みながらゾーニングしてから間取り図へ落とし込む。間取り図ができたら、そこでの生活を想像してみよう。

6. ゾーニングができたら、四角で部屋を割り振ります。グラフ用紙で2センチ四方の4桝が1坪に当たります。1畳は2桝。6畳間は12桝となります。

7. 各部屋は、直接部屋と部屋をつなげる方法と廊下でつなぐ方法があります。各室には押し入れをつけます。

8. ほしい部屋が敷地に収まらない場合には、二階に広げます。階段のスペースは狭すぎると、勾配がきつくて使いにくくなります。一、二階の壁は上下同じ位置に合わせます。(コストダウンのコツです)

 

 

 
【代表的な間取りのパターン】
●田の字型

●左右ふりわけ型

9. おおまかな間取り図が完成したら、その上で家族それぞれの一日の生活を想像しながら、動線を書き込んでみましょう。不都合なことはありませんか。

10. 通風、採光、視線、騒音等をチェックしてみましょう。

11. 春夏秋冬の季節の移り変わりや五年後、十年後の家族の変化も考えてください。

12. これで大丈夫となったところで完成です。

 

 

間取りのチェックリスト

1.採光と通風の確保

敷地内の配置によって各部屋の採光と通風が決まります。

 

2.寝食(PP)分離
だんらんのリビング、ダイニングと家族個々のプライバシー空間、寝室を分離します。

 

3.プライバシーの保全
近隣からの視線、来客からも家族のプライバシーが守れるようにすること。

 

4.生活動線の整理
図面の上で、家族の動きを、線で表してみよう。自然で疲れない動線を探しましょう。

 

5.収納スペースの確保
持ち物のリストづくりやメジャーで正確な寸法を測っておくと安心です。では、みなさん、よい家を!   吟味すれば「エアサイクルの家」です。

収納内部の造りも重要です。幅や奥行きはもちろん、移動棚やハンガーパイプなどの高さ、数、引出しの有無などが、使い勝手を左右します。